<ノースウインド サンプルデータベース>
HELPメニュー内に格納されています。
LINK
コンテンツ・メニュー
・Music Open Space
・Sports Open Space
・Brand Open Space
・www.Salepro.jp

Access  アクセス基礎講座  データベースの仕組み

時計市場
ブロガー

Access  アクセス基礎講座  データベースの仕組み

salepro.jp お問い合わせ
お役立ち情報
フリーソフトの活用
グーグルの活用
PC 趣味の活用
NETで稼ぐ
NET環境を整える
ビジネスソフトの活用
Accessアクセス教室
クセスの基礎講座
データベースの仕組み
1.アクセスとは?
2.アクセスとエクセルの違い
3.リレーショナルデータベースとは?
4.アクセスのテーブルとは?
5.アクセスのクエリとは?
6.アクセスのフォームとは?
7.アクセスのレポートとは?
8.アクセスのマクロとは?

Access  アクセス・リレーショナルデータベースの仕組み

スポンサー

■Accessアクセス・データベースの仕組み

表計算ソフトのExcelエクセルは計算は得意ですが、大量のデータのやりとりは不得意なソフトです。Accessアクセスでは複数の表を組み合わせて、
@テーブルも複数扱え
Aリレーションで表を組み合わせて
B検索・抽出も得意で
C入力ホームも作成でき
Dレポートの印刷等に適しています。
アクセスには秀逸なサンプルデータベースが準備されていますのでこれを参考に仕組みを見てみましょう。

データベースには、「カード型データベース」「リレーショナルデータベース」に大別できます。 「カード型データベース」は、簡単にデータベースを構築することができますが、表計算ソフト同様に、1つの「表」しか扱うことができませんが、「リレーショナルデータベース」 であれば、複数の「表」組み合わせてを扱うことができ、自由にデータを組み合わせて、さまざまな角度からデータ分析も可能です。

ただし複数の「表」を組み合わせて扱うので、「表」同士の関係を設定しなければなりません。それだけにより高度な知識が必要となります。ですからこれからは諦めずに、じっくりと取り組んでゆきましょう。

 Accessアクセスは、パソコンで活用できる本格的なリレーショナルデータベースソフトです。 データベースソフトとは、データを整理して蓄積し、さまざまに君合わせてデータを取り出したりすることができるソフトのことです。

表計算ソフトの代表であるExcelエクセルなどでも、ある程度のデータ管理は可能ですが、大量のデータを入力し、 それをスピーディーに並べ替えたり、検索・抽出するのには不向きなソフトです。

Accessアクセス教室
クセスの基礎講座
データベースの仕組み
1.アクセスとは? 5.アクセスのクエリとは?
2.アクセスとエクセルの違い 6.アクセスのフォームとは?
3.リレーショナルデータベースとは? 7.アクセスのレポートとは?
4.アクセスのテーブルとは? 8.アクセスのマクロとは?
salepro.jp お問い合わせ
▲TOP (ページの先頭へ)
▲HOME (サイトの最初のページへ)
HOME ビジネスソフトの活用 フリーソフトの活用 グーグルの活用 PCで趣味の活用 ネットで稼ぐ ネット環境を整える
Copyright (C) 2004-20010 Kashijin Inc. All Rights Reserved